最近娘がダンスに目覚めて動画サイトをみたり教育テレビで某イケメンダンスグループのメンバーがやっているダンス講座
などを見ています。テレビの前で踊っている娘を見て何だか楽しそうに見えてきた私。最初は控えめに娘にバレないように静かにこそっと踊っていました。
テレビに夢中になっている娘に気づかれまいと後ろの方で踊っていたのです。ある日の夜いつものようにこそっと踊っていたのですが、その姿が夜の窓に映り踊っているのが
バレてしまいました。そのときの娘の顔ときたら、ニヤニヤと笑いながら何だお母さんも踊りたかったの的な感じで窓越しに目があったのです。
そのときの私は恥ずかしかったですが、その件があってから気兼ねなく娘と踊っています。
テレビの前でも娘の前でも踊っています。最近は娘が型にはまらないダンスがしたいといって音楽をかけてとお願いされます。
音楽をかけると自分の思うままのめちゃくちゃなダンスを踊るのです。私も娘と一緒にメチャクチャダンスを踊りまくっています。
大きな音で音楽をかけて2人で好きなように踊ってる...家の中がクラブのようになっています。
クラブに通っていた頃を思い出しながら踊っていると楽しくなるんですよね。楽しい気持ちは子供にも伝わるのか娘もニコニコして
踊っています。下手なダイエットよりはよっぽど安上がりかも...。なんて。
娘にはダンスを見せれても主人には内緒です。何だか恥ずかしくってまだお披露目できていません。

最近「○○活」という言葉をよく耳にするようになりました。
例えば、婚活・就活・朝活・恋活などという言葉はテレビやインターネット、雑誌などでみたり聞いたりする頻度も多い気がします。
そんな○○活ブームに便乗してではありませんが、私も力を入れていることがあります。
それは「夜活」です。

仕事が終わって家に帰り、ご飯を食べてから用事を済ませた後の時間は、極力自分が楽しくなるようなことに使うよう心がけています。
例えば、ヨガや散歩をしてデスクワークで凝り固まった体をほぐしたり、好きな読書やアクセサリー作りに没頭したりしたりといったことです。
何もしなければあっというまに過ぎてしまう時間ですが、この時間をどれだけ有効に使うかによって日々の充実度も変わっていく感じがします。

以前は家に帰って食事を済ませたあとはダラダラと過ごし、時間が来たら寝るという生活をしていましたが、そうなると毎日家と会社の往復だけで終わってしまい、生き甲斐も何も感じられなくなり「一体何のために働いているのか?」と悶々と考えてしまうことが多くなってしまったため、仕事を変えることができないならば自分の生活を変えるしかないと考えを改めるようになりました。
すると不思議なことにあまりダラダラもしなくなり、毎日楽しく過ごせるようになったのです。
早く帰って自分の好きなことをしたいため、仕事も早く片付けようと頑張るようになり、一日の過ごし方にメリハリがつきました。
少し意識するだけでここまで変わるものかと自分でもビックリしています。
これからも毎日の暮らしを充実させるべく、夜活に取り組んでいきたいと思います。

最近朝晩がめっきり寒くなってきたので
家の中がだんだんと冬仕様になってきました。
ホットカーペットはまだ早いので毛足が長めの普通のカーペットにして
クッションや座布団のカバー、布団の敷きマットもモコモコしたものに。
掛け布団も冬用の物にして、急に気温が下がったときの為に毛布も準備。

するとすぐさま愛猫がやってきて
毛布でゴロゴロ。
クッションにスリスリ。
布団でぐっすり。

今日は暑いよー気温が上がるよーという日でも
布団の上でゴロゴロ、のびのび、スヤスヤ。

そしてふわモコの中でもより厚みのあるものを選ぶんです。
カーペットより座布団。
1枚の座布団より重なった座布団。
なにより1番はやっぱり敷き&掛け布団。

さらにそれが折りたたまれていたら
ご飯とトイレ以外はずーっとそこで過ごすくらい。
もう本当に嬉しそうな、幸せそうな表情で寝ています。
セリフをつけるなら「至福…!」の一言。
もうその表情が可愛くて、羨ましくて仕方が無いんです。

人間の自分でもモコモコの布団に包まれるのは幸せなのに
それよりももっと小さい身体の猫にとって
この布団のモコモコはどれだけ気持ちが良いのかな?
雲に乗るような気分?

そう考えるだけでこの幸せを邪魔するのが忍びなくなってしまい…
いつも起こさないようにそーっと布団を広げて
そーっと身体を滑り込ませて一緒に寝ています。
時折聞こえる愛猫の寝息や小さないびきは私の幸せ。

でもそろそろ猫ベッドの毛布にも気付いてくれないかなぁ。